湯の効能について|安いホテルに宿泊しよう|お得トラベルでストレス解消

安いホテルに宿泊しよう|お得トラベルでストレス解消

女性たち

湯の効能について

浴衣

昼神温泉などの温泉というのは、湯が持っている成分によって効能が違います。また、それぞれの呼び名も変わりますので、特徴について紹介します。単純泉療養泉とも呼ばれていて、医学的に治療の効果があると言われている種類です。お湯が濁っている、鉄臭いといった個性的なものが多いです。二酸化炭素泉日本ではあまり多くありません。浸かることで、低温でも温かさを感じることが出来ます。湯上がりでも肌が高調するほどです。湯に含まれている炭酸によって皮膚の脂や汚れを吸着してくれる効果があります。塩化物泉日本で最も多い種類です。熱伝導率が高く、入浴した直後から温まります。また、入浴後は皮膚に塩分が付着しているので汗が蒸発するのを防ぐ効果があります。温熱効果も高いので血行が活溌になります。酸性泉抗菌力に優れていますので、アトピー性皮膚炎の原因菌を殺菌する効果があります。ただ、刺激が強いので、皮膚が弱い人には適していません。また、それぞれの温泉に含まれている成分によって様々な効果をもたらします。カルシウムイオンには炎症を抑える効果、ナトリウムイオンには皮膚の乳化効果、アルミニウムイオンには殺菌作用、メタケイ酸には保湿効果などがあります。効能から利用する温泉を選ぶことも出来ます。